FC2ブログ
B級映画監督、髙橋亨の「シネマ愚連隊 Blog」へようこそ!!











「悶殺蛇女」  2020年01月22日
先日、『悶殺蛇女』という映画を大塚の上映施設まで観に行って来た。
仲良くしてもらってる栗林くんがスタッフで関わってるとかで宣伝頑張ってたというのもあるけれど、映画自体面白そうで興味を惹かれたから。

EOpBv5OUYAEnIOc.jpg

「締めて、締めて、シメまくる! 失神快感ムービー」ってなんやそれww



案の定、映画は面白かった‼️
締め落とすことに快感を覚えるヒロインのお話。
自分も高校の頃、柔道をしていたので絞め技は掛けたり、掛けられたりしたが、落ちるとき、苦しいけど、夢見心地で気持ちいいという感覚はあった。締める方は必死でなんの快感もなかったけど、試合や稽古でなく、プライペートならw、締められるより、締める方がいいかな。ドSなんでww やっばり、締められるのは苦しい。笑

監督の内藤慈監督は実験映画も作っている方で、演出も大変実験的で興味深かった。
内容はエンタメ系にも関わらず、ドキュメントタッチの演出でそれが妙にリアルで息遣いや艶かしさ、エロチックな匂いを感じさせ、絵空事な作品を一段上の作品へと昇華させていた。
40分の中編だったが、70分ぐらいの長編で観たかった。
劇場公開されてもおかしくない作品。
こういうクオリティの高いエンタメ系自主映画にはもっと頑張ってもらいたいな。
今後、いろんな場所で上映していく予定らしい。
注目作です!

内藤慈監督のプログ
https://ameblo.jp/bodyhammermegu/




鑑賞ブログ書こうと思ってたら、なんと、内藤監督が「観に来てくださってありがとうございました」とわざわざ、BAR GURENTAIに顔出してくれたよ。
今日も、映画の話で盛り上がった。
お互い頑張ろう。

内藤





コメント

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


このページの上部へ▲
シネマ愚連隊 Blog © 2021. (このBlogのトップへ)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.