FC2ブログ
B級映画監督、髙橋亨の「シネマ愚連隊 Blog」へようこそ!!











熊本入り① 東区月出  2016年05月12日
4泊ほぼ4日で熊本入りし昨日東京に戻ってまいりました。
さすがに今回は遠いし、最初は行くつもりは全くなかったのですが、いつも博多に行くたび、お世話になっている知人のコウセイさんが被災され、避難所の本部の代表をされているとのことだったので、微力ながらお手伝いに行かせてもらいました。博多に呼び出してラーメンばかり付き合わせて、こういう有事の際には顔出さないじゃカッコつかないんでねww
しかも、16日ぐらいに調べたらGW明けの人出が足りなくなるであろう時期にジェットスターが結構激安だったので即予約しました。

20160508161355cc7.jpg

今回は石巻の時とは違い、ボランティアセンターを通じて一軒一軒お手伝いに派遣されるボランティア活動ではなく、避難所の本部にいて雑務のお手伝い。物資を運んだり、テントの設置や撤去作業、掃除、ゴミ出し、夜回り見回り、本部の留守番、交通誘導、配給の受け渡し、等々…と書けば、かなり、仕事してたみたいだけど、東区の月出の町は震源の益城町や南阿蘇に比べるとかなり収束に向かっていて、発生当初は200名以上いた避難者も80名以下になっていたので、のんびりまったり自分のペースでお手伝いさせてもらいました。あまり役には立ってなかったかな。ま、足手まといにならない程度に。


KIMG0686.jpg

本部のテントを撤去し、みんなで新しく設置したテント↑
だが、設置場所が違っていたらしく、1日にしてまた撤去した幻の本部テントw

そしてこちらが新たに作った本部。

KIMG0694.jpg
KIMG0698.jpg

あと、最大の仕事と思ったのはやはり、被災者、避難者のお話を聴くということ。聴いてあげると言ったら上から目線だが、取材ではないので、こちらから「どうでした?」「どういう気持ちですか?」などと「訊く」のではなく、あちらから自然に話してくる言葉を「聴く」こと。やっぱり、地震発生時の話をみんな人に話したいみたい。特に熊本以外の人間に。多くの方が「死ぬかと思った」と発生直後の話をしてくれた。避難所でのことも。みなさん、色々とストレスもたまっているようで色んなお話も聞けた。人が多く集まると色々とあるからね。テレビの報道だけじゃ可哀想な被災者、避難者とイメージ先行で画一的になっちゃうよね。やっぱり、現場で話を聞かないと。特殊な状況であってもそこには人々の日常が綿々と続いているのだから。

二度の大地震を行きつけの飲み屋で受けたという皆さんと、その店が再開オープンしたという日に、みんなで飲みに行くw
三度目が今日あるかもとみんな笑い話にしていたけど 笑

image-4.jpeg

地震発生時の写メなど見せてもらいながら話を聴く。とりあえず、三度目の震度6以上はなくてよかった 笑



つづく。






コメント

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


このページの上部へ▲
シネマ愚連隊 Blog © 2021. (このBlogのトップへ)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.