FC2ブログ
B級映画監督、髙橋亨の「シネマ愚連隊 Blog」へようこそ!!











映画監督ってのはつくづく迷惑な生きものだと思うw

監督ってのは、どうしても譲れないこだわりって奴があって、そのこだわりって奴があるからこそ、作品を作れるのだとは思うけど、そのこだわりって奴は、監督ひとそれぞれ違うので、人様からすると、「なんでそんなことにこだわるの」みたいなことも多いと思う。

自分にもいくつか外せないこだわりって奴が曲りなりにもあって、もちろん、お仕事お仕事によって臨機応変に対応は出来るが、低予算ではあっても、愚連隊主導であればあるほど、そのこだわりは強くなる。


いくつかあるのだが、その一つに、事務的というか、お仕事的というか、お役所的・・・な仕事をスタッフや役者がしたり、また、におわせたり、しただけで、すぐにカチンとくる。段取り優先的というか、普通はこうだろう的というか、早くあげちまおう的な発言が出たり、匂ってきても、すぐ、激怒、カッとなるww そしてわざと時間かけてやったりする(爆)。
若い頃は特に。いや、意外と今でもそうだ。まだ若いww

でも、今回のスタッフも含め、愚連隊関係のスタッフ、役者は、みんなそんなわがまま監督をいつも、受けいれてくれる。笑ってゆるしてくれる。

「マジすか。まだやりますか~(笑) 普通ならここで諦めるかカット切るかだけど、やるなあ(笑)」とか、
「リテイクベストテンに入るんじゃないすか。記録更新いっときますか(笑)」とか、
「寝ないで撮るのが愚連隊の基本だからねえ(笑)」とか、
「ギャラがたんまり出る現場より、愚連隊の現場の方が数倍キツイ(笑)」とか、
「監督がわがままいわなくてどうするんですか。わがままでいてください(笑)」とか、
の名言の数々を笑いながらいう「俺より狂うとる~」仲間が多いww

むしろ、外野の方がうるさい。「なんであんな監督と付き合ってるんだ?」みたいな(爆)。
別に激怒してボコボコに殴った後、泣きながら強く愛情たっぷり抱きしめるとかしてないから。DV監督じゃないからww


幸せ者の監督だと言うことは重々承知。
今は、「段取り優先」が当たり前すぎるほど、当たり前だから。
「監督のこだわり? そんなものいらないよ。というか無駄。早く安くあげてくれればいいんだから。予算を余らせてくれる監督、予定時間より早く終わってくれる監督がいい監督に決まってるじゃん」と言う感じにいつかなるんじゃないのと若い頃、冗談で言ってたが、すでにそうなのかも。
今の監督は監督というより、下請けの町工場の経営者的お仕事を要求されることも多いからね。

助監督を始めたころに、先輩のスタッフが、深作欣二監督は一時間で終わる衣装合わせを六時間もかけたと愚痴ってたけど、俺はむしろ、六時間、深作監督と衣装合わせやりたいなあと思った。
きっと、衣装に対するこだわりもあるだろうけど、それだけじゃなく、スタッフや役者とのコミュニケーションも含めての時間だったんだと思う。
でも、当時の先輩でさえ、愚痴ってたんだから、今のスタッフや役者には通じない世界なんだろうなあ。
そういう意味でも、愚連隊の監督は時代錯誤、浮世離れしてるのかもww

迷惑な生きものだなとつくづく思うが、笑ってゆるしてくれる狂うとるスタッフや役者がいる限りは、こだわり続けてやろう、迷惑かけまくってやろうと思っている(爆)。





コメント

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


このページの上部へ▲
シネマ愚連隊 Blog © 2021. (このBlogのトップへ)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.