fc2ブログ
B級映画監督、髙橋亨の「シネマ愚連隊 Blog」へようこそ!!











カテゴリ別ログ_'22旅行支援ひとり旅
捧さんの舞台を観に行くついでに「旅行支援ひとり旅」を楽しんできました🤣
12日(土)の夜にバスで飯田入り。

AC995F77-5F8F-4BA6-92FB-ED0F607462DC.jpeg
7A8053D8-B257-4146-B037-05F18D06F841.jpeg
F52C7D41-51AA-427D-9EDA-E081722FB5EC.jpeg


駅近の雰囲気のあるホテルにチェックインし、近くの居酒屋でひとり酒。
土曜の夜だからクーポンは1000円だったけど、即利用。

A47E00AC-A401-42FE-9736-F5DC4B429D90.jpeg
095A864B-A264-48CF-836B-A1E7E66066E4.jpeg
F656E24C-2ABC-4EC8-B7F2-E2488CA399C1.jpeg
B52B0F3A-2386-4F73-8DB9-D1C28F667824.jpeg


居酒屋でたらふく飲んで食べた後はホテルの部屋でひとり二次会。
旅の夜を堪能いたしました☺️


二日目、昼、飯田人形劇場で捧さんのお芝居観劇後、舞台を観にきていた伊那市在住の小林くんに車で伊那へ送ってもらう。
途中、遅い昼でも取ろうと調べたら、伊那の美味い店は時間帯的に午後休憩に入っていた。残念。
少し戻って、駒ヶ根でソースカツ丼を食べる。伊那もソースカツ丼名物だけど、駒ヶ根もソースカツ丼おしみたい。
明治亭と言う有名店。こちらのソースカツ丼もボリュームあった。

EC9273EC-E5F9-4823-801F-0D74967C4E7C.jpeg
3E0F55E2-FF18-40BD-8276-98B6F17CFE12.jpeg


二泊目はお馴染み伊那パークホテル。
旅行支援で7000円の部屋が4000円ぐらいで泊まれた。
クーポンも日曜の夜は3000円ついてて実質1000円やんw

238CA5DA-3020-49C8-84C9-6FF7B178EC7D.jpeg

ただ、残念なことにクーポン使える店がチェーン店やコンビニ、スーパーなどで地元の酒場は少なかった。
しかも、日曜の夜ということで、行こうと企んでいた「萬里」も「串正」も「えん」も閉まってたよ。残念無念。
なんとか開いてた「入舟酒場」にて伊那初ひとり酒を堪能。
つまみは美味いけど、頼んだおたぐりと鶏の唐揚げの量が多くて、夕方食べた昼飯のボリューミーソースカツ丼もまだ残ってたのかあまり入らず。ローメン食べたかったけど、断念。帰って寝ることに。

A0757269-362D-41DC-B3C6-E2E02F553927.jpeg
CA259A98-C0D0-4E42-ADE3-27EEBC6515E3.jpeg


伊那の日曜夜は閉まっている店が多いということと入舟酒場の一品は安くて量が多いということが勉強になった🤣

旅行支援ひとり旅も最終日。三日目の14日月曜日。14時ぐらい伊那発のバスなのでそれまでのんびり。
伊那の映画祭時によく泊まっている伊那パークホテル。いつもバタバタしてて大浴場(男子のみ)は入ったことなかったんだけど、朝風呂に入ってみる。
誰も入ってなく貸切状態でのんびり出来た。

A92DE4C9-5EDD-4950-BBB1-826CC723A403_1_201_a.jpeg
AF31E643-A369-469F-8F8A-E9D151B15B3C.jpeg

その後は朝食バイキングを食べてから10時のチェックアウトまでまったり。

B19E54AC-8F82-4D9A-B056-83A7A7AA4D8F.jpeg


10時以降はふらふら街を散策してコーヒー飲んだりゆったり過ごす。
昼はやはり、伊那に来たからにはローメン食べないとということで老舗の「うしお」へ。
月曜の昼間から混んでた。さすが人気店。

8376A954-784E-46EB-A380-54ADA8420C81.jpeg
4EA3E269-B2C3-4771-ACDD-93EFEB054338.jpeg


個人的にはちょっと油っぽいと思うけど、肉とキャベツは具沢山で満足できた。それにここの店は昭和っぽくて雰囲気があるのでそれもプラス。



ひとり旅を堪能できた三日間だった。
でも伊那は日曜の夜と月曜日の昼は閉まってる店も多いので次回はやっぱり、土日かな☺️
そして、クーポンは自分への土産wの酒とBARのお客さん用のお菓子になりました🤣

59D80F96-52F2-4DD3-8E2F-B86123017CBD.jpeg
8AA3DABA-EAA7-4B87-85CB-C0EB1720E1CF.jpeg


このページの上部へ▲
シネマ愚連隊 Blog © 2024. (このBlogのトップへ)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.