B級映画監督、髙橋亨の「シネマ愚連隊 Blog」へようこそ!!











舞台鑑賞  2017年06月22日
舞台鑑賞は特段好きというわけではない。
好きというわけではないだけで、嫌いというわけでもないのだが。

映画鑑賞は好きというより、生活の一部。なくてはならないモノ。
空気や水と同じw 演劇とは比べようがない。

映画はサービスデーや劇場ポイントなどで大体、1000円か1100円ぐらいで観れるのに対し、舞台は高いってのもあるね。5000円ぐらいかかるのもあるし。

あと、最近はそうでもないが、一時期、あまり知らない役者から、やたら、迷惑メールのように舞台のお知らせメールが届いて、嫌になったってのもある。

それから、生の暑苦しい演技も苦手。舞台特有の演出も苦手。そうじゃないやつもあるけど。

それから、あと、観劇後の送り出しみたいなのも苦手。
カーテンコールや舞台挨拶はいいんだけど、劇場入り口とかで、さっきまで舞台にいた人と話すのが苦手。
一人で鑑賞しに行った時は、ほとんど、挨拶せず、逃げるwww
なんか照れくさいんだよね。
自作上映時は一人一人お客さんに入り口で挨拶したいんだけど(矛盾?ww)。

それから、それから・・・あれ?
俺、舞台のこと、嫌いなのかな 笑


考えてみれば、二十代の頃は、演劇にちょいとばかし嫉妬心みたいなのがあったことは確か。
役者の仲間意識も強いし、稽古とか毎日やってて楽しそうだしw、ノルマがあるからかしれんが、やたらと宣伝がんばるし。
役者は映画に来ると、なんかお客様というかゲスト感覚の奴が多くて、しかも、上映公開決まっても、舞台ほど宣伝してくれなかったりする役者も多かったしね。
「映画なめてんのか、このやろう」っていつも思ってたww
まあ、歳食って来ると、あんまり暑苦しい関係より、映画制作のように、その制作期間だけ、プロフェッショナルが集って、終わったら、また、散り散りバラバラになるって感じの方が、俺の性分には合ってたなと思えるようになったけど。


なんて言いながら、小学生の時は演劇クラブに入ってて、高校の時も柔道部と演劇部に二重在籍してたけど 笑
学校の屋上で「あ・え・い・う・え・お・あ・お」とか発声練習したなあ(遠い目)www





法案の賛否  2017年06月17日
いわゆる共謀罪(テロ等準備罪の新設する組織的犯罪処罰法改正案)の賛否がツイッターやフェイスブックで流れてくるけど、みんな凄いね。
俺なんか、自分のことが手一杯で、賛否言えるほど、把握してないもんw

みんな、人に流されず、雰囲気に流されず、法案も全文読んで277の罪も全て理解して、また修正案も全て把握した上で、賛否を自分の意見として揚げているんだろうからホント頭が下がるよw

俺も一応、改正案全文は読んだけど、元々、学がないから、法文って頭に入ってこないんだよねww
難しいよね。

組織的詐欺や殺人計画、レイプ計画なんかは実行前にぜひ、しょっ引いて欲しいね。犯行が起こってからじゃないと動けないじゃ意味ないからね。未然に防げる犯罪は未然に防いで欲しい。
警察や検察、政権の拡大解釈云々の心配もあるんだろうけど、それより、怖いのはマスコミ、企業、組織、団体の自主規制の方がよっぽど怖いわ。後、クレーマーと同じく、変な奴が告発したりね。

まあ、今まで通り普通に生きてる分には277の罪には引っかかりそうにはないけど…あ、俺たち、普通じゃなかった。映画作ってる愚連隊とかいう悪い組織だったんだww
277の罪の内、引っかかりそうなのは、爆破物と著作権法(パロディ)とわいせつ物頒布罪(赤星さんのふぐりw)か。
いや、待てよ、準備どころか実行しとるやん 爆
いや、まあ、ギリギリセーフやろ(汗)


※著作権法は実行時と同じく、親告罪だそうです。




●法務省 テロ等準備罪の新設する組織的犯罪処罰法改正案
http://www.moj.go.jp/keiji1/keiji12_00142.html

●277の罪
http://livedoor.blogimg.jp/copipe_hozondojo/imgs/2/4/24e3ee60.jpg



肉一  2017年06月08日
役者の志戸晴一こと石川のオジキと肉。
たまに行く高円寺の「肉一」。
ここは安くてなかなかコスパの良い店。

KIMG0854.jpg

KIMG0856.jpg

多くの志戸晴一(石川さん)ファンの方から、「シネマ愚連隊Blogでたまにアップされる石川さんの写真を楽しみにしている」とよく言われるのでww
オジキは元気に吠えてます 笑

そして、したたかに「出演作も宣伝しとけ」とチラシ渡されました。

KIMG0858.jpg

志戸晴一(石川さん)出演の「ぼくらの亡命」(内田伸輝監督作品)は6月24日より東京・ユーロスペースにて上映されます。
ぜひ。


陶久さんを偲ぶ会  2017年06月05日
昨日は5月7日に亡くなられた映画プロデューサーの陶久英治さんを偲ぶ会に行って来た。
映画仲間たちに慕われていた陶久さん。
多くの映画仲間が偲ぶ会に訪れていた…

18922759_1574981799210034_7276650400579723154_o.jpg
18814220_1138061876298810_3751061026498326731_n.jpg


陶久さんはプロデューサーでもあると同時に映画スタッフとして、なんでもこなす器用な人で、シネマ愚連隊の現場にも何度か、助っ人スタッフとしてきて頂き、助けてもらった。
颯爽とあらわる助っ人仕事人というよりは飄々と現場をこなす方だった。

しかし、現場スタッフのイメージより、一緒に焼肉行ってた思い出の方が多い 笑
よく食べる人というイメージ。

20090110010614_20170605144104a71.jpg20090110010548_20170605144102d9f.jpg
NCM_0250_201706051445456ad.jpg


そういえば、一緒に国会議事堂にも行ったな。
楽しそうだったな 笑

スタッフ

本業のプロデューサーとしての陶久さんとは何本か企画を進めたことあるけど、残念ながら撮影までには至らなかった。
一本でも、本格的に一緒に映画作りたかったな…

陶久さん。いずれ俺も行くので、あっち行ったら、一緒に映画作りましょう!!
それまでロケハンして、BBQの用意もしといてね 笑
また…






楽しく議論  2017年06月02日
うまいもん祭りばかり行ってたから、たまにはフラッと焼酎バーくんちゃん。

KIMG0841.jpg
KIMG0842.jpg

マスターと政治、経済、国防から映画、お笑いまでたっぷり、議論を戦わす 笑
楽しく酒が飲めた夜。満足。



大盛りもりそば  2017年05月19日
暑いので、嵯峨谷のもりそば。
ここの蕎麦は温かいのははっきり言ってあまり旨いとは思わないが、もりそばはイケる!!
暑くなってきたら、嵯峨谷行く率が増えるね。
蕎麦湯も飲み放題だし、グラスビールも150円だしw

KIMG0815.jpg

大盛りもりそば。さすがに二枚盛りは多いので辞めといたww



最近は、家系やら喜多方に浮気してたので、久々の沼袋「ごたる」。
やっぱり、なんだかんだ言っても九州系豚骨がしっくりくるね。

KIMG0811.jpg

でも、ラーメンライスはほどほどにしとらんと、腹出るわww



「0点スタンプ!」  2017年05月15日
昨日は、いつもお世話になっている映画製作団体「電丼」さんのアイドル映画「0点スタンプ!」(古川達郎監督作品)が1日限定で劇場公開されるということなので千葉のイオンシネマユーカリが丘まで観に行ってきた。

KIMG0814.jpg

自主製作自主配給の自主映画を劇場公開まで持って行くことはやってきた自分が言うのもなんだが、並大抵のことではない。大手資本で当たり前のように劇場公開している作り手にはわからない苦労がたくさんある。しかし、映画の作り手としては、やはり、「劇場で流したい、映画館で上映したい」と思う気持ちはあるよね。
電丼の古川監督も悲願の劇場公開を果たせて満足そうだった。

18485477_905962402875593_5815737152486298609_n.jpg
18485834_1374374252670727_22106260481042745_n.jpg

たくさん、お客さんも入ってて、劇場側からも「またお願いします」と言われたそうだから、凄いの一言。
古川監督、本当におめでとうございました。


また、今作はシネマ愚連隊でもおなじみの森本浩さんもメインで出演。
いぶし銀の良い演技魅せてくれました。

securedownload.jpeg


「0点スタンプ!」はこれから色々な映画祭や上映イベントなどで上映されるようなので、古川達郎監督のFBなどチェックしてね。
https://www.facebook.com/tatsuro.furukawa.75



MA打ち合わせ  2017年05月04日
音楽家の桃井聖司先生と映像を見ながらのMA打ち合わせ。
お互い、同じMacBookなので色々とやりやすい。

C--NrqiUwAEcCjK.jpg


打ち合わせの後は、締めの坦々麺ww

KIMG0801.jpg
KIMG0802.jpg

追悼 おいちゃん  2017年05月01日
おいちゃんが亡くなった。
週末は伯父死去のため、帰省していた。

おいちゃんは明るく楽しい人だったが、十年ぐらい前に脳が萎縮して行くという10万人に一人という難病にかかり、最後は寝たきりとなってしまった。
おいちゃんのことは七年前にもブログに書いたが、(http://gurentai.blog11.fc2.com/blog-entry-1087.html)、子供の頃、よく遊びにも連れて行ってもらったし、大人になってからも帰省したときラーメン食いに連れて行ってもらったり、一緒に温泉に行ったりもした。

スーパーカーショー

しかし、ここ五年ぐらいは会いに行っても寝たきりで目ぐらいしか動いてないといった感じで、こちらのことを認識しているのかさえもわからない状態になっていた。
正直、亡くなったと聞いても、悲しみよりも、「よく長いこと戦った。お疲れ様。もうゆっくり休んでください」という気持ちの方が強い。
ただ、残念なのは、大人になってから帰省しても、二十代三十代は友達とつるんでばかりであまり会うことがなく、四十代になって、やっと、一緒にラーメンに行ったり温泉行ったり、酒を飲んだりし出した矢先に寝たきりになってしまったということ。もう少し、男同士、酒を飲んでゆっくり話したかったな。

いつかこんな日が来るとわかってはいても、遺体となり、遺骨となってしまうとやっぱり、寂しいものだね…
おいちゃん。お疲れ様でした。今までありがとう。あの世で、また会おう。合掌。

おいちゃん


このページの上部へ▲
シネマ愚連隊 Blog © 2017. (このBlogのトップへ)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.