B級映画監督、髙橋亨の「シネマ愚連隊 Blog」へようこそ!!











くんちゃん13周年感謝祭  2017年04月23日
行きつけの焼酎BARくんちゃんの13周年感謝祭に参加して来ました。
マスターおめでとう!
今宵も大盛況。美味いつまみに旨い焼酎を堪能。
感謝祭は毎年、勝手に焼酎飲み放題。日本政府から飲み放題禁止令が出ても反骨魂で続けてくださいねww

13590296_895337060595836_2944916851797586055_n.jpg
15977542_752476528237829_9053154149271406493_n.jpg
KIMG0787.jpg


悲願のチャーシューめん  2017年04月21日
若い頃からよく行っていた喜多方ラーメン坂内。
チャーシューめんをいつか頼んでやろうと思いつつ、なかなか頼まず二十数年ww
やっと、悲願のチャーシューめん頼んだ 笑

KIMG0785.jpg

この、麺もスープも見えんくらいのチャーシュー贅沢だよねw
ここのチャーシューがまた美味いんだ。
それが食っても食ってもなかなか減らず。何枚入ってんだよw

悲願のチャーシューめん、完食。
正直、多すぎたw 普通のラーメンでも坂内の場合は5枚くらい入ってるので全然それでいいんだけど、ま、悲願だったんでね。一度くらいはね 笑

あ、そうそう。それから、ここの炙りチャーシュー丼も美味いよ。
チャーシューめんより、炙りチャーシュー丼のチャーシューの方が炙ってあるし、タレもかかってるしで、絶品。



渋谷まで実相寺昭雄監督の特集上映を観に行く。
「ウルトラマン」「シルバー仮面」などを観た後、本丸、「ウルトラセブン」。
いやあ、やっぱり、セブンはいいねえ。セブンは実相寺監督の作品以外も素晴らしい作品が多いが、実相寺監督の作品はホント神がかってるね。

セブン


しかも、なんと、今回はデジタル上映でもキネコ上映でもなく、完パケ16ミリフィルム上映。
こんなの、当時の関係者試写でしか上映されてないんじゃないの?ってぐらい貴重な上映。
昨今、日本のテレビドラマでフィルム撮影のものなんてまずないし、最後の方のフィルム作品も撮影だけフィルムで編集やテロップなど仕上げはビデオって具合だったので映画館でフィルム完パケ上映なんてありえないよね。

愚連隊作品でも初期の頃はフィルム完パケだったけど、『痛快エロ坊主』なんか撮影はフィルム、仕上げはDVだもんな。フィルム上映なんかできない。
テレビ作品をフィルムで上映なんて本当に貴重な機会。しかも、あの「ウルトラセブン・実相寺昭雄監督作品・三本立て」だよwww

音がブチブチ言って昔のフィルム上映って感じで味があったなあ。
時々、ピンが甘くなって、フィルム上映に慣れてないスタッフなのか、ピンがずれたことに気づかず、ピンボケの時間が長かったり、ピン調整に時間がかかったり、合わせても甘かったり…も、ま、ご愛嬌かな 笑
ホント、貴重な体験できて満足満足。

朝、起き上がる時も、立ち上がる時も、気合をいれる時も、「デュワッ」って、思わず声が出るくらいセブン愛に満ちてる自分にとってはw最高の企画上映だった。
ウルトラセブン。やっぱり、最高。「デュワッ!」ww

円盤
ロボット長官
メトロン星人
NCM_0764.jpg



有事に備える心構え  2017年04月15日
昨日は熊本地震から一年。いつまた他の土地でも大きな地震が起きるとも限らない。
東京だってそうだ。その準備、心構えはいつでもしておかねばならない…



また地震とは違うが、ここ最近、北朝鮮関連でにわかに騒がしくなって来た。
アメリカの大統領がトランプ氏になったということもあるのだろうが、ここまで緊張が高まって来たのは近年ないんじゃないかな。
さすがに北朝鮮がいきなり核兵器を日本にぶち込んで来るとか、アメリカが先制攻撃をするなんてこともあるとは思えんが、いつものごとく、北朝鮮が日本海にミサイル飛ばしたり、核実験でもしようもんなら、今度はアメリカも攻撃するやもしれん。
そうなれば、朝鮮戦争だ。
今回は日本も高みの見物で朝鮮特需なんて言ってられない。北のミサイルは日本本土まで飛ばせるようになって来てるんだから、米軍基地のある日本は確実に攻撃を受ける。
そうなれば自衛隊も「シン・ゴジラ」じゃないが、初の防衛出動ということになるだろう。

もちろん、煽るつもりもないし、「だから軍事大国にしろ」とか言うつもりもないし、はたまた、「他国の民族を殺せ」とか、差別する、なんてことは絶対にあってはならない。
しかし、いつ何時、有事になるかもしれない。地震と同じく、それは準備しておかないとね。
準備って言っても何ができるって訳ではないけど、いつ起きても、慌てず、騒がず、冷静に対処できる心構えは常に持っていたいと言うこと。起きる前は「起きるわけないじゃ〜ん」と笑ってる人に限って実際、事が起きると慌てふためく人が多いのが日本人だからw

でも、ホント戦争にはならないでほしいよね。バカやれる雰囲気じゃなくなったら困るからねw 愚連隊としては。
「考えすぎだよ」「戦争なんて起こるわけないじゃん」「やっぱり、戦争ならなかったじゃん」と笑われてバカにされるぐらい平和呆けニッボンが続いてほしいな 笑



桃井メロディ  2017年04月13日
愚連隊の曲はほぼ、桃井聖司さんに作っていただいている。
愚連隊映画は桃井音楽がなければ成り立たないと言っても過言ではない。
今仕上げている作品も、いい曲を作っていただいた。

音楽のことは全くわからない自分だが、注文は多いww
音楽のド素人のB級監督が勝手に「こうしてくれ」だの「こうがいい」だの言っても、桃井さんは常について来てくれ、最後にはイメージのはるか先を行った素晴らしい曲を提供し続けてくれる。
今回も完璧だ。

なお、今まで作って来た映画のテーマ曲は全て口ずさめるほど、気に入っている。


『餓鬼ハンター』のテーマ



『どめくら』のテーマ


『極道忍法帖』のテーマ



魂心家  2017年04月11日
寒いので、ラーメン。
家系「魂心家」。
醤油豚骨、塩豚骨、選べるところはあるが、ここは、味噌豚骨も限定であったので、味噌豚骨にしてみる。



なかなか旨かった。


茜一刻者  2017年04月08日
愚連隊ファンの方に頂いた「茜一刻者」。
いつも応援感謝です。
「一刻者」とも「茜霧島」ともまた違う変わった焼酎。
味わってたら、どんどん飲めるので危険ww

KIMG0759.jpg


尊敬に値する監督たち  2017年04月03日
フェイスブック仲間の中に、尊敬に値するマイナー監督(失礼!ww)たちがいる。


越坂康史監督

吉松幸四郎監督

倉田健次監督

佐久間孝監督

そして、繁田健治監督の五人だ(順不同)。


他にもいるけど、とりあえず、上位のGONIN。
彼らは独自の方法論で「映画」や「映像作品」をコンスタントに作り続け、また、発信し続けている。
映画制作に関する出身も違えば、ジャンルも違うし、発表、公開のやり方も全く違うが、作り続け、発信し続けていることは同じだ。
なかなか発信できていない自分からすると、ホント、尊敬に値する。
彼らのフェエイスブックは必ず見てる。俺も頑張らねばと、元気をもらえる。

別に彼らを持ち上げたところで何も得はないけどw 純粋に思ったことを書いてみた。
まあ、「尊敬する監督たち」じゃなくて「尊敬に値する監督たち」なんで、持ち上げてもないかwwww

俺も、誰かのモノマネでなく、愚連隊流で頑張りたい。




気がつきゃ四月。  2017年04月01日
色々とコツコツ進めてはいるが、気がつきゃ四月。時の経つのは本当に早い。
ここ数年、嘘のように次々と襲いくる難関も何とかくぐり抜け、時には回り道をしながら、時には当たって砕けながら、満身創痍で長く関わってきた作品も、諸々、あと少しのところまできた。しかし、最後まで手は抜きたくないので時間はまだもう少しかかる。
誰にっていうわけでなく、自分に嘘はつきたくないので、自分が納得しないものは作りたくない。それだけ。

映画制作について偉そうに愚連隊ブログで語ってた時期もあったけど、たいして結果も出せてないくせに言うだけ番長っぽくてカッコ悪いので辞めた 笑
だから最近は、酒と肉ブログ。
でも、映画制作のこともたまには書かないとね。「焼肉愚連隊ブログ」でなく「シネマ愚連隊ブログ」だからね。

年度変わりということで、また、たまに偉そうに映画制作のことも書いていきたいと思っています。
今後とも、シネマ愚連隊ブログをよろしくお願いします。

いや、もちろん、肉のことも書くけどねww

4020.jpg
KIMG0414.jpg
20150816200229ae2.jpg







酒に溺れ、肉欲にまみれる。
肉欲といっても愚連隊の場合は、本当の「肉」だがww


29の日なので、赤星先生とすき焼き。

KIMG0735_20170329224941395.jpg

愚連隊御用達、歌舞伎町の米新。
安くて美味い肉を食わせるすき焼き屋。

KIMG0738.jpg

満足。

EffectPlus_20170329_220145.jpg



このページの上部へ▲
シネマ愚連隊 Blog © 2017. (このBlogのトップへ)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.